そもそもSNSとは何なのか。

今まで一度も利用したことがないという方もたくさんいらっしゃると思いますので、まずはここから簡単にご説明したいと思います。

SNSとは何か

SNSとはソーシャルネットワーキングサービスの略称で、一言で言えばインターネット上で情報を共有するためのサービスと言えるでしょう。

もう少し具体的に言えば、人や情報と積極的に繋がるためのサービスと言い換えることもできるかもしれません。

このSNSの中から、今回は代表となる3つのサービスについても一緒にお話したいと思います。


コミュニケーションを取ったり、最新の情報を共有

まず1つはツイッター。これは誰かのつぶやきを見たり、拡散したりできるサービスとして、非常に広く普及しています。

311の時にも地震、避難などの情報が広く拡散されていたため、救助活動にも一役買った有名サービスです。

続いてがLINE。これは既にメールの代わりになりつつあるサービスですので、非常に認知度は高いかもしれませんね。

メッセンジャー、あるいはチャット形式のような流れでスマートに人とのやり取りを行うことのできるものですが、グループごとに分けて会話をすることができる、スタンプ機能が使いやすいといった理由もあり、爆発的に広がりました。

最後にフェイスブックです。

これは日記のように綴ったり、TwitterのようにつぶやいたりすることができるSNSですが、友人知人、様々な方々と繋がりやすく、ある意味では名刺のような使われ方をする一面もある有名サービスです。

いずれにしても、ネットワーク上で人とコミュニケーションを取ったり、最新の情報をいち早く共有することに優れたサービスと言えるでしょう。